海外留学・ワーホリ出発前にエージェントと進めるコトまとめ








ワーホリから帰ってきたふじもん@japasta29です。

 

みなさんは留学・ワーホリの準備を時間をかけて一人で全部やりますか?

 

それともガイド付きでサクッとやりますか?

 

特に留学前はあらゆる手続きや調べモノが山ほどあります!

貴重な時間を無駄にして欲しくないです!

 

エージェントと連携をとることで、大幅な時間の節約たくさんの情報を仕入れることができます。

まさに攻略本がラスボスまで導いてくれます。

また初めての渡航にも安心して過ごすことができます。

つまり、めんどーなコトはエージェントとサクッと進めましょう。

 

海外留学・ワーホリ出発前にエージェントと進めるコト

①情報収集

エージェント依存度 ★★★★☆

事前にワーホリの目的や目標が共有できれば、その人に必要な情報を効率的にお伝えすることができます。

何も調べないで行くと、寒いのが苦手なのに冷え込むエリアへ渡航することも。

自分が必要としている情報のみを効率的に収集していきましょう。歯の治療は終わらせておこうねとか、結構重要な情報ですよね。

 

②学校申し込み

エージェント依存度 ★★★★★

語学学校は、英語を学ぶだけではない!!

語学学校に通うことで、グローバルな友達をすぐに作ることができ、友達を通して生活に役立つ様々な情報を集めることもできます。

学校によって国の構成は異なりますが、アジア人、ヨーロッパ人など多くの考え方に触れる良いチャンスです。

そのグローバルな友達と「現地の仕事情報」や観光地を巡れる「アクティビティ」に参加して思いっきりエンジョイしましょう。

すでに英語に不安がない方でも、初めての土地であれば語学学校に通い、友達作りすることをお勧めします。

より楽しい海外生活が始まるでしょう。

 

③ビザ申請

エージェント依存度 ★★☆☆☆

渡航準備で一番気を付けないといけないのが、ビザの申請です!

ビザの申請が正しく完了していないと、他の準備が完璧でも入国することすらできません。

それは悲しすぎます。ビザの申請は国によってルールや書類が違ったり、申請に必要な時間も大きく違います!

出発に間に合うように、逆算してビザ申請に必要な時間をしっかり把握しておきましょう。

自分でもできるけど、プロに任せた方が安心だよね。英語だし!

 

④航空券手配

エージェント依存度 ★★☆☆☆

ワーホリビザの申請が完了したら、次は航空券の手配!航空券は直行便よりも経由便の方が安いですが、到着時間をしっかり確認しましょう。

初日はホームステイに宿泊する人が多いと思いますので、到着時間には気を付けましょう!

あまりに遅いと迷惑をかけるためホストファミリーに配慮しましょう!第一印象大事ですよね。

また、ワーホリでは最後の1か月を旅するケースが多いので、最後にどこの都市にいるか予測がつかない方は片道のみを入手しておきましょう。

緊急帰国もあるため、私は片道をおすすめします。

 

⑤荷造り

エージェント依存度 ★★☆☆☆

現地で必要なものは現地調達せず、できるだけ日本から持って行きましょう。

ただし重量制限もあるため本当に必要なものを厳選して運びましょう。

またお金の持って行き方もしっかり考えなければなりません。エージェントにしっかり相談して適正な形で運びましょう。

 

⑥保険加入

エージェント依存度 ★☆☆☆☆

ワーホリや留学に行く際、海外保険に加入しますが、タイミングは出発日が確定してからとなります。

海外で病気やケガ、事件・事故に合ってしまった時に頼りにできるのは海外保険です。

ちなみにワーキングホリデーの保険加入者が保険請求する割合は約70%です。(2009年大手保険代理店 調査結果より)私も夫婦でワーホリしましたが、どちらも病院にはお世話になりました。私は帰国直前にフットサルで靭帯を痛め病院へ。。。(泣)実際の治療費とタクシー代が10万以下でしたので、保険料が勝ちましたが、20万くらいで1年間の安心を買うという考えに近いかもしれませんね。

 

⑦役所手続き

エージェント依存度 ★☆☆☆☆

仕事を退職して渡航する方、その他の人がやるべき転出届等の提出を各自治体で行います。

特にワーホリの場合は海外転出届を提出しておく事により、まず国民健康保険の支払いが免除されます。

また、国民年金に関しては、払う払わないを選択する事ができます。

住民税は前年度の所得が基づいて、毎年1月1日に住民票がある区市町村から課税される仕組みになっているので、年内に海外転出届を提出する事によって住民税の支払いが免除されます。

私の場合、退職時は東京でしたが実家が仙台のため、下記の流れでした。

例)東京から仙台へ引っ越し→仙台で転入届と同時に転出届の手続き→出発日に海外転出届け自動適用

こればっかりは渡航直前の住所がある役所に行って自分で確認する必要があります。

 

 

いかがでしたか?

めんどうな手続きや情報収集はプロに任せて、その時間を英語学習にあてましょう!

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です