フリーランスを卒業します。








フリーランスのふじもん(@japasta29です。

2017年7月にJAPANESE STANDARDを屋号としてフリーランスになりました。

もうすぐで1年になるので、赤裸々に過去と未来について語ります。

 

帰国した瞬間から無職になる

2016年からオーストラリアで働いていましたが、急遽帰国が決まり、2017年の6月に日本に戻ってきました。

当時はオーストラリアから帰国した瞬間に無職となり、(定職に就く気はなかったので)個人でどうやってお金を稼いで生活していこう・・・と不安になったのを覚えています。

 

自分が何したいか分からない

高校生のときから起業したいと豪語してましたが、引き続きサラリーマンになってもどんな事業をしたいのか決まっておらず、ただただもがいていました。

そこで心機一転、オーストラリアに行くわけですが、帰国してからも明確にやることが決まっておらず、ジタバタしていました。

そこでまず始めた仕事が海外留学コンサルタントです。

これまで自分の経験を生かせるのは「留学」「営業」しかありませんでしたので、今思えば必然だったのかもしれません。

もちろん、すぐに収入ができたわけではありません。

そこから少しずつ留学エージェントの説明会セミナー講師として呼んで頂いたり、実際に留学相談を受けるようになりました。

今では仙台市とともに、大学生が各国に留学する際のサポート業務をしており、

メンターとして留学生向けにガイダンスを実施したり、留学生と渡航前・渡航中に面談を実施するなど仕事の依頼を受けるようになりました。

 

地元企業との出会い

そしてあまり公言していませんでしたが、昨年から有限会社しんせいの広報としても働かせて頂くようになり、安定しない収入の中、社長のご厚意で仕事を頂いておりました。

有限会社しんせいの社長は、宮城県で石材屋を起業して今年で25年になります。

社長はとてもアクティブな方で、昔インドに住んだ経験があり、今でも仕事で使う石に「インドの石」を使用することがあります。

私の親友の父でもあり、一生の付き合いになる会社です。

 

印度カリー子との出会い

印度カリー子さんとは自宅で簡単に本格的なインドカレーを広める活動をする宮城県出身の大学生です。東京が主な活動拠点ですが、インドカレーを広めるべく「インドカレー講座」を宮城県で開催していました。

先ほど有限会社しんせいの社長がとてもアクティブであるとお話しましたが、インドが大好きな社長はこの講座に参加していました。

当時、印度カリー子さんはほとんど一人で活動しており、宮城県にあるスパイスセットを製造する工房と直接やりとりをすることが難しい状況だったそうです。

それを聞いた米田さんは、サポートできる男がいるということで私をつないでくれました。

もともとは会社員のときに開発から物流・営業・販売まで4年半、某大手メーカーが私を鍛えてくれましたのですぐに力になることができました。

印度カリー子さんと一緒におうちインドカレーを広める活動をするうちにすぐにインドカレーの虜になっていました。

印度カリー子とは?20歳女子大生が語るインドカレー愛がすごい!独占インタビュー【0↣1Story】

2017.11.05

 

8足のわらじ、3拠点

私自身、一つだけこだわりがありました。徹底的に起業して事業を立ち上げるからには、中途半端な好きなことや得意なことをしたくないと思っていました。

本来ならフリーランスでも1つに絞って、仕事をした方が周りから分かりやすく仕事も受注しやすいと思います。

しかし、多動で興味があるものにすぐ飛びつく私は実際にやってから見極める必要があると自己分析していました。

 

ここには細かく書きませんが、

7カ月で作った名刺の数は7種類。事業の数は8事業。

事業とは呼べないレベルも多々ありますが・・・

東京に行ったり、海外に行ったりと3拠点で8事業をしており、とにかく毎日量をこなしていました。

 

事業内容は “日本の標準”をつくること

ようやくですが、2018年7月に末尾に株式会社を付けようと思います。

いよいよ法人にします。

事業内容は “日本の標準”をつくることです。

 

Mission 1 おうちインドカレーを広めること

打倒スパゲッティ!
これは印度カリー子さんとの事業、

日本中が自宅でインドカレーをつくることを当たり前にするということです。

イタリアンが日本の家庭で当たり前になったのはそれを広める人たちがいたからであり、インドカレーはパスタを越える逸材だと確信しています。

 

Mission 2 留学を義務教育化すること

打倒政府!
私自身、18歳から29歳まで時間の隙間を狙って海外へ留学していました。日本の外を知ること、日本を外から見ること。大事だから義務にしたいのです。

語学というよりも、主体的にものごとを考えるようになったり、積極的になったりと留学が人格形成に大きく関わったと感じます。

 

それぞれMissionには一貫性がないように見えますが、シンプルに日本に新しい “なにか” をつくる過程を楽しむ会社です。

2018年7月にJAPANESE STANDARD株式会社を目指して準備をしています。

引き続き、よろしくお願いします。

ジャパスタ(株)を設立しました

2018.08.24

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

ジャパニーズスタンダード代表取締役。【仙台30万人フリーランス化計画】2019年仙台にフリーランスが集うコワーキングスペースつくります。拠点は仙台⇆東京です。












そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です