フリーランスで良かったこと7つと【仙台】でフリーランスが有利な理由








本記事はこれからフリーランスになりたい人向けです。

 

知ってました?

2020年にアメリカでは50%がフリーランスカナダでも45%がフリーランスになると予測されています。

今現在日本では約17%がフリーランスとして活動しています。

 

日々、変わりつつある働き方。

今回はフリーランスになってもうすぐ1年のふじもん@japasta29がフリーランスになって良かったことをお伝えします。

会社員→退職→留学→フリーランス(イマココ)

アキバジュン
勢いで、フリーランスになって良かった。




ワールドカップを気にせず観戦できる

のっけからくだらなくてすみません。

最近、21:00、24:00、27:00はテレビに張り付いています。

曜日感覚はすでになくなっているんですが、ワールドカップを次の日を気にせず、楽しめるのはフリーランスになったおかげかなと。

寝坊もこわくありません。

打ち合わせなどの人に会う仕事はほどんど午後から入れるように調整しています

フリーランスはスケジュールを自由にカスタマイズできる

 

月曜日に釣りができる。

月曜日の仙台港の様子。釣り人フリーランスたち。

フリーランスになってから決まった場所や時間への出勤がなくなりました。

すると自然と買い物やレジャーは平日の人があまりいない、混んでない時間をねらって行動するように。

渋滞に巻き込まれたり長時間並ばなくてよかったりと時間の節約にもなりましたね。

あと満員電車や通勤ラッシュと無縁になり、ストレスフリーな生活を送れています。

圧倒的に時間の余裕が生まれました。(親からは暇人と言われる)

1週間のサイクルが劇的にかわり、はじめてこれぞワークライフバランスだと実感できました。

フリーランスは混んでる場所を避けることができる。

 

家族とのじかんが増えた

わたし自身、月曜から日曜日まで特に休日を設定していないのですが、家にいることが多いので家族とよく会話します。

そして、実家にいる父親からの「ラーメン食べに行こ」という友達のような誘いもほぼ100%行ってます。

親戚がきて、平日に仙台観光に連れて行ったり、急な対応も可能です。

フリーランスは圧倒的に家族時間を増やすことができる。

 

海外にふらっと行ける

海外に限らず、どこか旅行に行きたいときは自由にスケジュールを組むことができます。

もちろん仕事を調整することは必須ですが、上司の確認が必要ないのがいいですね。

今年はモルディブとイギリスに行きましたし、次は10月にインドへ行ってきます。

フリーランスは行きたい時に行きたい場所に行ける。

 

貯金ができるようになった

サラリーマンの時より、無駄な出費が減ったと思います。

おそらくほとんど飲み代に消えていた給料が、いまでは生産的にお金をつかっていると感じます。

例えば仕事で写真をとるのでカメラを買ったり、スキルを上げるために本や人に会ったりなど、、、

おそらく収入の5割自己投資(フリーランス道具やスキル向上に使う経費)、3割貯金2割生活費くらいで循環できるようになりました。

フリーランスは無駄を省くことができる。

(いや、これはフリーランス関係ないかも)

 

成果が直でじぶんに跳ね返ってくる

よく成果報酬、実力主義。という会社はありますが、フリーランスはそもそも自分で成果をださないと収入は0円です。

その代わり、やった分だけ返ってきます。

継続していれば、仕事の依頼がくるし、一つ一つ情熱をもって自分のもつサービスや商品を提供すれば、結果はついてくると思います。

時給換算して5万円とかの依頼があるのもフリーランスの強みだと思います。

フリーランスの単価は高い。

(努力しだい)

 

自分で選べる人生へかわる

フリーランスは住む場所・働く時間・付き合う人。じぶんで選ぶことができます。

だれかに確認しないとやりたいこともできない人生ってなんなんだー!

と共感した人は「ようこそ、フリーランスへ」

「好きなことで生きていく」や「やりたいことして生きる」というフレーズの怪しい業者がわんさかいる中で、

一歩を踏み出すのは勇気がいりますが、まずやってみないと分からないのは事実です。

結局はじぶんで一歩を踏み出せるどうかだと思います。(さり気なく煽っている)

 

将来の不安がまったくないといえば、「うそ」

フリーランスになる人が最も不安に思うのは、やはり収入面だと思います。

フリーランスになって一番最初にするべきことは普通に生活できる収入をまず確保することだと思います。

しかも3カ月以内に。

そうすることで、精神面も落ち着いてくるので、よりフリーランスとしてダイナミックな活動ができ、新たな仕事を獲得できると思います。

 

仙台にいるフリーランスはビジネスチャンス!

フリーランスってなに?フリーター?

仙台でだいたいフリーランス=フリーターと勘違いされます。

これは逆に、まだ認知がされていない仕事(ポジション)はとてもチャンスだと思います。

仙台のフリーランスとして先駆者になることで、みなさんが得意な分野で仕事をどんどん受注しましょう。

また仙台にはアシスタという起業家、フリーランスに超やさしい街なのでフル活用してみてください。

 

企業も人を雇うより、フリーランスを使う方が効率的だと思います。

単発で仕事をお願いできるし、雇う必要がないので、費用も抑えられます。

フリーランスによりますが、納期も早めることができると思います。

 

さいごに

わたしは会社員とフリーランスの両方を経験して、本当にフリーランスという生き方は自分に合っているなぁと思います。

これから仙台でフリーランスがもっともっと増えるように

会社を立ち上げ、だれでもチャレンジできる環境をつくっていこうと思います。

明日会社やめて、フリーランスになる方法【ライター編】

2018.06.26

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

ジャパニーズスタンダード代表取締役。【仙台30万人フリーランス化計画】2019年仙台にフリーランスが集うコワーキングスペースつくります。拠点は仙台⇆東京です。












そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です