不動産とフリーランス。新卒1年で会社をやめて「不動産事業」と「アパレルメディア」を運営できた理由【0↣1Story】








仙台でコワーキングスペースを運営するふじもん@japasta29です。

【0から1へ】とは?
現在フリーランスとして活躍されている方々にインタビューをさせて頂き、
0の状態からどのようにして1へ進めたかを簡単に語ってもらうシリーズです。
ふじもん
さっそくインタビュー始まります~

 

不動産とフリーランス2足のわらじ堀内さん

 

株式会社DULTの取締役の堀内大輔といいます。

またフリーランスとしてアパレルメディア運営をしております。

簡単に経歴ですが、新卒で入社した会社を約1年半勤務し、16年10月から独立しました。

現在はスタートアップの不動産会社運営とアパレルメディア運営をしております。

不動産会社取締役ときどきフリーランスときどきBARで働く25歳です。

 

どんな事業を展開されていますか?

現在は主に2つの事業をしております。

1つ目は不動産業で、主に賃貸・売買の仲介を行っており様々な方のお部屋探しのサポートをしております。また、投資家様に投資用不動産の販売も行っております。

2つ目は芸能関係に特化したアパレル関連のメディアを運営しております。こちらはテレビやドラマなどでタレントが着用しているアイテムを広告し、販売を行うサービスで現在スタートアップ段階です。

個人的にアパレル関係に非常に興味があるので注力している事業のひとつとなります。

 

フリーランスになって0から1をどうやって前進させましたか?

不動産事業は私ともう一人の2名体制で立ち上げを行いました。不動産事業は比較的やることは決まっていたので、とにかくPDCAを回すことを考えました。 あとはSNSを駆使して会社をPRすることです。 不動産業は差別化が非常に難しいので、どうやって自分たちの色を出すかも必死に考えました。ビジネスパートナーが不動産で勤務していたので0から1にすることは容易でした。

アパレルのメディア運営を始めたきっかけは、自分自身の経験にあります。テレビで芸能人が身につけているものを探しても、なかなか見つからず困ったことがありました。私の友人もテレビで使われる衣装が気になって調べることがあるという話をよく聞いていたので、これは需要がある!と感じすぐにサービスを作りました。最近では読者も増え、大手ビジネス新聞の記者が弊社に取材にきたほどです。

 

立ち上げ当初、どんな苦労がありましたか?

1年間やってきて思ったのが、現実的な目標や計画を立てることが非常に難しかったと感じます。

これは売上計画も然り、事業をどの期間でどの程大きくしていくのかも含め全然見えなかったのが本音です。

自分自身、計画を立ててそれに向かい行動することで結果を出すタイプなのですが、どうも現実的な計画が立てられずただがむしゃらに業務を行う日々が続きました。

どうやってそれを乗り越えましたか?

心がけていたことは、”うまくいっている人に聞くこと”です。アドバイスをもらい、それをすぐに実践することを心がけました。その中で「マインド」の部分でたくさんアドバイスいただけたことが今に繋がっていると感じます。

また、アパレルメディア運営だけやっていたらフリーランスとしては壊滅的な1年だったと思います。不動産が本業でアパレルが副業のような役割となり生活することができた感じです。

ふじもん
主のビジネスがあるからこそ、アパレル運営も継続してできたわけですね

 

フリーランスになって良かったことは何ですか?

やはり自分のやりたいことに好きにチャレンジできることです。

自分の趣味や繋がりでいくらでも事業につながる可能性があるので、非常にやりがいを感じています。

 

自分がフリーランスに合ってるなぁと思う瞬間とは?

人と関わるのが好きなので、誰かと会う際繋がりの中で何かビジネスになっていく、そういう瞬間に個人で仕事をしていて良かったと感じます!

 

フリーランスになった今、1つだけ自慢するなら?

たくさんの人に自分から相談したり、逆にされたりということを1年間やったことで連絡先が300件増えました。(笑)

 

フリーランスとしての今後の夢はズバリ!

直近では2つの事業を拡大すること。

そしてさらに経験を積み、大学生や新社会人などに向けて講演会を行い夢や目標を持つことの大切さを伝えていきたいです。

 

これからフリーランスになろうとしている人へ一言!

何かやりたいことがあるなら、チャレンジしてみましょう!

結果がどうあれ、好きなことにチャレンジしているあなたが一番輝いていると思います!

【0から1】のポイント
1年で会社を辞めて独立する行動力と既にノウハウを持っている人と組むということが成功の秘訣のようです。また、アパレルメディア運営のように興味あることをまず形にしてから精度を上げていくという仕事のスタイル。匠です。
ふじもん
堀内さん!お忙しい中、ありがとうございました!

 

【堀内大輔さんのリンク集】

 

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者。【仙台をフリーランス特区へ】人生の選択肢を増やすために、まずは働き方をアップデートします。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です