ワーキングホリデーについて最低限考えておくべき2つの視点








ワーホリから帰ってきたふじもん@japasta29です。

留学やワーキングホリデー出発前に読んでくれたら嬉しいです。役に立ちます。

 

最低限考えておくべき2つの視点

  1. ワーホリから帰ってきてからの進路の視点
  2. ワーホリで身につくスキルの視点

 

冒頭から残念な話ですが、ワーホリ行って「あー、おれ1年間何してたんだろ・・・」と後悔する人がよくいます。

特にこんな人は危ない!!

  • 大丈夫!行ってからいろいろ決めてやってみるわ!
  • 行ってみないと分からないからそれから調べてやってみるね。
  • 何とかなるよ!

カウンセリングでこの言葉を言われると「あなたなら確かに大丈夫だと思う!」というヒトと「これはまずい・・・」という人の2パターンに分かれる。

 

ワーホリから帰ってきてからの「進路」の視点で考えてみる

ワーキングホリデーってそもそも1年や2年で帰国してきますよね。

※ワーキングホリデーとは?という方はコチラ

帰国後にあなたがお金持ちでない限り、ぶち当たる現実はこんな感じです。

  1. 日本での就職
  2. 日本への転職
  3. 海外での就職
  4. 海外への転職
  5. 独立(フリーランス・起業)
  6. 学校へ通う→1・3・5の選択

結局、キャリアに関することで自分と真剣に向き合わなければいけません。

 

25歳の社会人3年目のサラリーマンが会社を辞め、1年間オーストラリアへ留学した場合

帰国して27歳無職から日本での就職をする場合に必ずといっていいほどくる場面がコレです。

面接官:1年間の留学で得た経験は何ですか?その経験で会社にどんな貢献ができますか?

あなた:ん~・・・日常会話くらいの英語と・・行動力でしょうか。。会社には、、とにかく頑張って貢献します!

面接官:(・・・1年海外で遊んできただけだな。ワーホリだもんな。)

結論としては、ワーホリに対する世の中の評価はとても低いと感じます。

こんなに自分を向上させるのに素晴らしい制度はないのにね!!

 

大学2年生が休学をして1年間アメリカへ行った場合

帰国して大学へ戻り、1、2年後に日本で就活をする場合に考えられることはコレです。

帰国してから英語学習を継続しておけば良かった・・・今もう全然しゃべれないから履歴書に書けないや。

就活の面接で留学経験をアピールできるエピソードがまったくない・・一体何してたんだ・・

こんな残念な1年を過ごして欲しくないですね!

目的をもって目標をたて、本気で行動していくことで帰ってきてからその経験が大きなアドバンテージとなります!

 

ワーホリで身につくスキルの視点で考えてみる

あくまで個人的な意見ですが、ワーホリって自分の考え方を大きく変えるチャンスだと思います。

考え方が変わると、行動が変わって、最終的には結果も変わるのかなーと。

人それぞれ違うけど、日本でも活躍してる人は留学経験している人が多いですよね!

ワーホリで身につくスキル3つ

  1. 自分で自分の時間をコントロールするスキル
  2. 価値あるモノにお金を使うスキル
  3. 外国人とコミュニケーションをとるスキル

 

ワーホリで身につくスキル その1 自分で自分の時間をコントロールするスキル

ワーキングホリデーはビザから見ても、学校に行かなければならない・働かなければいけないというHave toの状況は一切ありません。

極端な話、1年間ぼーーっとしてても良いのです。

しかし、行くだけで環境は変わる

  • 労働時間が減るので、自由時間が増える
  • 日本の昔からの友人がいないため、すぐに遊びに行ったりしない
  • テレビをつけてバラエティー番組を見て時間が過ぎることもない
  • コンビニで立ち読みして時間が過ぎることもない

つまり、自分自身と向き合う時間が圧倒的に増えるわけです。

滞在中に自分がどう過ごすかを自分自身で考え、予定を組み立てる。この積み重ねが受け身から完全に脱却し、主体的に行動する魅力ある人材になると思います。現代社会において一番必要なスキルではないでしょうか。

 

ワーホリで身につくスキル その2 価値あるモノにお金を使うスキル

少なくとも1年間ワーキングホリデーをすると、100万円以上は出費します。

しかし、海外生活をすることで、多国籍なヒトと触れ合ったり、グローバルな価値観に触れたり、英語学習に集中できたりと新しい経験や発見がたくさんあります!

より吸収力を高めるためには、消費と投資の違いを知っておく必要があります。

消費と投資の違い

消費とはお金を使ってその後は何も生み出さない行為

  • 家賃
  • 光熱費
  • 移動費
  • 服飾代など

 

投資とは支払ったお金以上に価値のある効果や影響が期待できる行為

  • 新聞代
  • 書籍代
  • 健康診断費用
  • 勉強会やセミナーなど

海外留学を100万円以上の消費と捉えるか、または100万円以上の投資と捉えるか、行動次第で大きく価値が変わります。

物だけではない!お金を払って得る”経験や情報”に目を向ける

100円支払ったらジュース1本が買えます。

500円支払ったらラーメンが食べられます。

1,000円支払ったら美味しいケーキが食べられます。

1,000円で英単語の本を買ったら、500単語覚えて、外国人の友達ができた。

5,000円でビジネスセミナーに行ったら、ビジネスノウハウを学び、人脈もでき、起業ができた。

10,000円で快適睡眠のためにマットレスを買ったら、寝付きがよくなり、1日の仕事の効率が上がってマネージャーに昇格した。

あなたは10年後どっちの人に魅力を感じますか?

〇毎月の給料を貯金だけする人

〇毎月の給料の2割を自分のために本を買ったり、人脈を広げるための会食に行ったり自分に投資をする人

留学は自分への最大の投資です!!

参考:費用編!ワーホリはローリスク・ハイリターンの最高の投資です。

 

ワーホリで身につくスキル その3 外国人とコミュニケーションをとるスキル

まず英語より外国人に慣れよ。

海外留学をすれば、日本にいる時よりも断然英語に触れる機会が増えます。

語学学校に通ったり、仕事で英語を使ったり、銀行での手続き、スーパーでの買い物、レストランなど英語を学ぶにはやはり海外に行くのが手っ取り早いです!

ワーホリで1年間海外で生活をすると少なくとも外国人に慣れます。

慣れることである程度の英語力でも、十分コミュニケーションをとり、意思疎通がとれます。

ビジネスで使うような英語は1年ではなかなか習得は難しいと思います。

帰国後も継続して英語に触れることが重要です。

 

おすすめは圧倒的にネイティブキャンプです。

レッスン回数無制限でひたすら英語に慣れることができます。

 

ふじもん
フィリピン女性の先生は発音がかなりネイティブな印象です。



 

まとめ

これからAIの実用化によって激変する仕事環境の中で、人生100年時代に突入します!

うちのおじいさん90歳でこの仕事ぶりですよ!

今までの60代での定年退職や年金生活はもはや昔の伝説になろうとしています。そんな時代に生きる今だからこそ、新たな準備を。

あなたにしか出来ない『武器』を創り上げていきましょう!

その『武器』の装備には、新しい環境で新しいコトをする。

留学にはその環境が多く詰まっております。

 

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です