【0↣1Story】印度カリー子とは!?20歳女子大生が語るインドカレー愛がすごかった!独占インタビュー!








キャリア研究家のアキバジュン(@japasta29です。

今回の【0↣1 Story】はカレー界の新星、印度カリー子さんにインタビューしました!

【0↣1 Story】とは?

現在フリーランスとして活躍されている方独立に向けて奮闘している方にインタビューし、
0の状態からどのようにして1へ進めたのかを掘り下げるシリーズです。

初心者向けのインドカレー情報を発信するブログ「印度カリー子オフィシャルブログ 毎日自炊でインドカレー」が人気を集めるブロガー「印度カリー子」さん。

これまで400種類以上のカレーレシピを開発!店の味を家で再現できるというまさにカレーのプロフェッショナル。

そんな彼女、じつは現役女子大生!どのような経緯でインドカレーと出会い、印度カリー子が誕生したのか。

今回は誕生秘話とその素顔に迫ります!

 

印度カリー子とは?

印度カリー子。1996年11月生まれ。宮城県出身。料理研究家。ブロガー。
おうちインドカレーを広める女子大生。誰でも簡単本格インドカレーが作れるスパイスセットの開発・販売と料理教室を運営中。

 

カレー作りは人生初めて熱中できたコトなんです。

Q. 印度カリー子さんは、初心者の方でもおうちで簡単に本格インドカレーが楽しめる情報配信や料理教室が大人気ですね。子どもの頃から、何か熱中するとトコトンのめり込むタイプだったんですか?

印度カリー子:これまでカレー以外に熱中したことはありませんでした。中学生のときは陸上部だったんですが、走りながら「なんで走っているんだろう?」と思ってました。(笑)仙台市の大会ではそこそこの成績(800M走2分30秒くらい)を残すことができましたが、熱中とはとても言えたもんではありません。他にも数学オリンピックに出場し全国大会に出たりしましたが、心から熱くなる想いは経験したことがありませんでした。

 

Q. とても冷静な女の子だったんですね。今のカレーへの情熱からは想像できませんね!いつからインドカレーにハマったんですか?

大学1年生の冬、インドカレー好きな姉のために作りたいと思ったことがきっかけで、インドカレーの魅力に惹き込まれました。大学の近くにあったお店でスパイスを買い揃え、作ってみたところ意外と簡単だったのを覚えています。昔から料理はよくしていたので、インドカレーについてもっと知りたいという気持ちが強くなってきました。

 

Q. お姉さんに作ってあげた優しさからすべては始まっているんですね。ちなみに「印度カリー子」の由来は何ですか?

私はインドだけでなく、スリランカやネパールなどインド周辺諸国のカレーが大好きなんです!名前をパッと聞いたときにどんな人なのか分かってもらえるように『印度カリー子』と名付けました。これまでカレーが好き過ぎてインドやスリランカ、マレーシアで本場のカレーを味わってきました。スリランカではホームステイをしてシンハラ・ムスリム・タミルなど様々な料理を学びました。

 

アキバ ジュン
印度カリー子の由来そのまんまですね!(笑)
印度カリー子
初めは違和感ありましたが、今はしっくりきています♡

 

インドカレーは “未開拓の地” !?

Q. インドカレーは日本ではレストランもたくさんあり、参入には少しハードルが高いように思いますが。

レストランで食べるインドカレーは日本人の好みに合わせた味になっている事が多いです。なんというか、少し油っぽいんですよ。市販のものは添加物も多いです。とても毎日食べるには胃がもたれてしまいます。だから家で健康食として食べられるカレーを作りたいと思いました。また、理系の私にとってスパイスの調合は楽しいんですが、何種類ものスパイスを買い揃えて使おうとすると値段が高くついてしまうんです。スーパーでスパイスセットを購入するとこちらも割高でした。そもそもあまり普及していないので見つけるのも大変なんです!そして本格的なインドカレーのレシピブックは日本語のものが非常に少ないので、初心者には始めづらいという事がだんだん見えてきました。

これはもう自分で作るしかない。そう思いました。

 

Q. 現在、印度カリー子さんが開催する料理教室は毎月満員御礼、SNSのフォロワーも6,000人以上のたくさんのファンがいますが、この短期間でどのようにこの活動を広めていったのでしょうか?

インドカレーを本格的に作り始めた年に学生対象の夢をプレゼンする全国大会のような企画がありました。そこで「スパイスでみんなを元気に!そして日本を健康に!」というテーマで応募したところ約1万6000通の中から5組のファイナリストに選ばれました!ざんねんながらファイナルコンテストで優勝を逃しましたが準優勝することができ、より夢に向かって努力しようと誓いました。コンテストが終わってからカレーに対する愛だけでなく、どうしたら活動を認知してもらえるか頭でも考えるようになりました。

アキバ ジュン
準グランプリは何かもらえたんですか?
印度カリー子
副賞としてアメリカ旅行を頂いたのでアラスカへ行ってきました!

 

どうすればもっと多くの人にインドカレーの魅力が伝えられるだろうか

Q. 現在、印度カリー子さんが運営している「はじめてのスパイスショップ」はスパイスセットとレシピが同梱されており「手軽さ」が評判を呼んでますね。販売も好調のようですが、どうしてでしょうか?

たくさんの方にインドカレーをお届けできてとても嬉しく思います!今年4月から販売しているチキンカレー9種のスパイスセットは予想以上のご注文を頂きました!今年9月に発売したバターチキンカレー9種のスパイスセットは発売後すぐに完売となりました。もちろん実際に販売を始めてからいろいろと考えるようになりましたが、純粋にお客さんの元に届いたとき、「あ!やった~」と思ってもらえるよう一つひとつ丁寧にお届けしております。商品を我が子のように扱っております。(笑)

 

Q. なるほど。愛情がたっぷり詰まっておりますね!それではカリー子さん、自分を一言で表現すると?

自分で言うのもなんですが、、「純粋」です!いろいろと考え込んでしまうこともあるんですが、ただ今は純粋にインドカレーを日本の食卓に広めたいという気持ちでいっぱいです!

 

Q. 最後に、印度カリー子さんの夢を聞かせて下さい!

日本のお母さんたちが食卓で普通にインドカレーを作るようになったら嬉しいです!そのためにも現在、キーマカレーやほうれん草カレーなど新商品開発に励んでおります!また、「印度カリー子のスパイスショップ」で販売しているスパイスセットは地元宮城県の社会福祉法人「はらから」に一つひとつ丁寧に作って頂いております。障がいを有する人も、そうでない人も同じ「はらから(同胞)」であるという理念に賛同し、スパイスを通じて障がい者の自立支援に少しでも貢献できればと思っております。

はらから福祉会 くりえいと柴田

※みやぎ食品衛生自主管理認証施設

はらから公式HPはコチラ

印度カリー子さんとはらから福祉会との出会いについてはコチラ

 

自分の夢を追いかけたいんです。

今回、印度カリー子さんのインタビューをする中でもっとも印象に残っていた言葉があります。

せっかくの自分の人生なので自分の夢のために頑張りたいんです。どんなに大きな会社に勤めても、それは社長の夢の実現のために働くということ。今まで私には熱中できるモノがなかったんですが、今はカレーがあります。この活動を通して多くの人にインドカレーの魅力を伝え続けていきたいと思います!

もうすでに立派な起業家ですよね。20歳女子大生とは思えない芯の強い方でした!

最近はテレビ出演を果たした印度カリー子さん。

今後もメディアに引っ張りだこになること間違いなし!ただいま印度カリー子さんが運営している印度カリー子のスパイスショップは販売好調だそうです。今まで品切れをしなかった月はないそうなので、お早めにお買い求め下さい。

 

アキバ ジュン
次はどんなお仕事したいですか?
印度カリー子
ネパールのカレーロケがあったら最高です♡ネパールは行ったことないので!
アキバ ジュン
テレビ関係者のみなさん!ネパールだそうです!(笑)

印度カリー子さんへの仕事の依頼はコチラ

 

アキバジュンおすすめは断トツでバターチキンカレーです!

大人気バターチキンカレー!!!おいしかったー!!

 

アキバ ジュン
この度はお忙しい中ありがとうございました!
印度カリー子
こちらこそありがとうございました!ぜひ、毎日カレー実践してみて下さいね。
アキバ ジュン
・・・

 

【印度カリー子さんリンク集】

【1↣2 Story】印度カリー子のスパイスセットはめちゃくちゃ健康的だった!!独占インタビュー!

2018.03.06

 

The following two tabs change content below.

アキバジュン

JAPANESE STANDARD代表。 事業内容は「Creating New Standards」 日本に新しい文化や仕組みをつくります。 【 留学を義務教育化へ】【フリーランスという選択肢】【自宅インドカレーの普及】









’’そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバ ジュン




内容を確認後、こちらにチェックを入れてから、「送信」ボタンを押してください。


※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です