いま一番オモシロいと思う方

お笑い芸人さんとしてはもちろん、
絵本作家さんとしても大成され、
「ウォルトディズニーを超える!」と公言し、
世の中にワクワクを提供し続けている、西野亮廣さんだ。

そんな彼のオンラインサロン会員数は、なんと2万人超。
国内のオンラインサロンで最大会員数を誇る。(※参照)

なぜそこまで人気があるのか

「それは彼が生粋のエンターテイナーだから」
そう言ってしまえば終わりなのだが、
彼の人気はその緻密な戦略性にあると考えている。
「そう来るのかー!」という、全く読めない驚きが、
単純にワクワクさせてくれるのだ。
すでに絵本作家として多くの作品を残しているが、

 

 中でも、「えんとつ町のプペル」における戦略は、
彼の絵本作家としての地位を一気に押し上げた。
それが絵本の「全ページ無料公開」だ。

全ページが無料公開されたえんとつ町のプペル

間違いなく日本で、いや世界で初の施策だった。
それが故に世間からは大バッシングを浴びた彼だが、
それも後に繋がる戦略と考えると、最早恐ろしい。
そして、めちゃくちゃワクワクさせてくれる。
そんなワクワクを求めている私のような人達が、
彼の戦略に魅了され、ファンとなるから人気者なのだ。

頭の中を覗いてみよう

次々に世の中にワクワクを届ける彼の、
頭の中は一体どうなっているのか。
それが少し垣間見える本がいくつか出版されている


特に「革命のファンファーレ」では、
彼のお金に対する考え方、
これからの時代の生き方や、
クラウドファンディングにおける具体的なスキルなど、
随所に「なるほど!」と唸るような内容があり、
本の価格以上に価値を感じることは間違いない。

知らないものは「嫌い」

人は知らないものを嫌う習性があるらしい。
その点で、彼ほど知名度があるにも関わらず、
「なにをしているのかよくわからない」
と毛嫌いされる方も、かなり珍しいんじゃないかと思う。
ただそれは知ろうとしていないだけで、
少なくとも彼のサロンに入会している、
2万人超えの方々はそれを知っているし、
知った上で、彼のワクワクに期待し、応援している。
例えば、それがわかるのがクラウドファンディングだ。

もちろん彼の緻密な戦略による所が大きいと思うが、
彼が行うクラウドファンディングはことごとく達成し、
次々とワクワクを生み続けている。
つまりそれはそれだけ彼が行っていることを知って、
共に走りたいとか、応援したいとか、
共鳴する人がたくさんいる証拠だと思う。
だからまずは知りに行こう。
知らない、やったことない、で批判するのはカッコ悪い。

チケット購入はこちら

会場:イベントホール松栄


仙台市宮城野区榴岡1丁目2番8号
松栄不動産本社ビル6F
JR仙台駅東口から徒歩約3分
東北自動車道 仙台宮城I.C.から車で約20分

2019年12月8日(日)13:15入場開始、14:00講演スタート

早割チケット:¥3,000/1枚
通常チケット:¥3,500/1枚
※早割チケットは先着200席分のみとなります。
※座席数は400席までのご用意となります。
※ご入場いただいた順でのご案内となります。
※座席指定は出来ませんので、予めご了承ください。

 

主催:だいっけ
運営:仙台コワーキングスペース「アローズ」