【仙台】タピオカ四千茶に人が集まる理由とは?アラサー男子がひとりで買って飲んでみた








タピオカ。人々はタピオカジュースを飲むために何時間も並び、ときには遠くからはるばるやってくる。

一体だれが仕掛けたのか?経営者の目線で疑ってかかってしまう。タピオカがうまいから売れるのか?タピオカの原価が安いから売りやすいのか?

 

いや、そんなひねくれたことを考えず、タピオカを飲みに行こうじゃないか。純粋な気持ちで。

そう、仙台にもついにタピオカ専門店が現れたのだ。




仙台生タピオカ専門店「四千茶」爆誕

ちなみにタピオカの原料は、「キャッサバ」というイモの一種らしいです。原産地は南米です。

ふじもん
タピオカがイモの一種かどうかはどうでもいいのだ。なぜ人々がタピオカに熱狂するのか?ただ真実が知りたいだけだ。

仙台タピオカ専門店「四千茶」へ行ってきた

アラサー男子が一人でタピオカ専門店「四千茶」に行ってきましたよ。

結論から言いますと、だれかと行くことをオススメします。

客層をみて分かるでしょう。

この通り、女子高校生か女子大生、男性がいたと思ったらカップル。

 

僕も並んで買ってみました。10分以内に手に入る。さすが仙台。

よくみるアングルで撮るもなんか違いますね。

メニューはこんな感じです。

購入したのはミルクティー。普通ですみません。

ALL500円でラージサイズが600円です。値段は予想よりも安かった。

今流行りのチーズドッグも販売している模様。




なぜ仙台タピオカ専門店に人が集まるのか?

まずこの店舗にきて思ったことは短期決戦を仕掛けにきたな、うまいな。と思いました。

内装はとてもシンプルだ。

店舗の立地が専門学生が多いこと、内装の中にポイントポイントでインスタ映えスポットを配置。

何よりタピオカジュース自体のこの垂れてる演出感。

これをインスタにアップしてホットな場所に行ってきたよ♪(トレンド抑えてますよ)ということを早く友達にお知らせしたい心理を理解している。

僕もすぐにツイートした。まんまとハマっている。




結論:タピオカジュースはうまい。タピオカをバカにするやつはタピオカに泣く

たかがタピオカ、されどタピオカ。

仙台にタピオカ専門店ができたが、おそらく次々とタピオカ専門店の出店は増えていくだろう。

知り合いの経営者も出店にむけて準備をしていたし、ここから仙台はタピオカ激戦区になるでしょう。

こういったトレンドは海外、東京ではだいぶ前から顕著にあらわれていた。

やはり流行は先取りに限る。

仙台は東京の8年遅れてやってくると言われていますが、最近は3~5年になった気がする。

つまりまだまだ仙台を拠点にすることで、タイムマシーン経営はできるのだ。

そんなことをタピオカを飲みながら考えていました。

 

ごちそうさま

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です