【社会人留学】人気No.1のオーストラリアワーホリの3つの魅力とおすすめプラン紹介








会社をやめてオーストラリアにワーホリしたふじもん@japasta29です。

 

最近よくニュースでグローバル化や東京オリンピック、インバウンドによる外国人観光客が増加にともなって【英語】の需要が高まっていると報道されています。

 

しかしそんなことより・・・

社会人3、4年目になってガラッと環境を変えたいと思っていませんか?

  • いつかは海外に住んでみたい
  • 外国にいって英語を身に付けてスキルアップしたい
  • 働きすぎているのでリフレッシュしたい

これ、今がチャンスです。

 

僕自身、社会人になってから毎日同じことの繰り返しでそろそろ新しいことにチャレンジしたいと思っていました。

ついに4年半勤めた会社を退職してオーストラリアへワーホリに行ったわけですが・・・

関連記事:【社会人留学】入社5年で退職してフィリピン・オーストラリアへ語学留学!帰国後日本で起業した話

 

この記事で一番伝えたいことは下記です。

 

20代の社会人にとって会社をやめて留学に行くのは今がベストタイミングです!

 

 

今回は社会人の留学先として人気のオーストラリアの魅力おすすめの年間プランをご紹介します。

☑忙しい社会人にこそ読んで欲しい内容です。




オーストラリア留学が社会人に人気の理由とは?

オーストラリアが渡航先として人気の理由は、ビザが取得しやすいことです。

社会人の場合、会社をやめて長期留学へ行くので、ビザはほとんどワーキングホリデービザ(以下:ワーホリビザ)になります。

ワーホリビザはビザ申請時に30歳以下であれば、取得できます。

またカナダのように人数制限や申請期間で手間取ることはありません。

イギリスのように抽選で当たらなかったということもありません。

オーストラリアはびっくりするくらいすぐにビザの許可がおります。

 

そのため、社会人にとっては退職して有給消化してワーホリに飛び立つという計画が立てやすいのです。

会社をやめるときは、会社の都合や引き継ぎでそれぞれ退職しやすい時期があると思いますので、調整のしやすさがオーストラリア留学の魅力です。

 

それでは社会人留学におすすめの渡航先オーストラリアの3つの魅力についてご紹介します。

 

社会人生活をリセットできる

日本で働くと毎日仕事で忙しい日々を過ごすため、自分と向き合う時間がなくなってしまいます。

働きながら英語をがんばろうと思っても、「時間がない」「休みの日がゆっくりしたい」このサイクルをなかなか抜け出せません。

新しいことにチャレンジするには、一度捨てなければなりません。

パンパンのリュックに荷物を積めようとしても入らないのと同じです!

 

オーストラリアに留学することで、

  • 人間関係がリセットされる
  • 圧倒的に時間がふえる
  • 強制的に英語環境になる

これまでの社会人生活が劇的に変わります。

 

何よりオーストラリアは有名なビーチも多く、温暖な気候のためリフレッシュするには最適の場所です。

 

これまで忙しい日々を過ごした社会人にとってはオアシスのような国です。

日本とは気候も逆になるため、優越感にも浸れます。(笑)

都市によってはめちゃくちゃ寒いのでしっかりと調べていきましょう。

(私はあまり調べずに行ったら9月のメルボルンが寒すぎてすぐに風邪を引いてしまいました。)

補足:一人で留学して慣れない土地で寒いとすぐにホームシックになるので注意が必要です。

 

英語を実践でつかうことができる

社会人になって「英語がつかえたらよかったのに!」

という場面にたくさん遭遇しませんでしたか?

 

もう10年前以上からグローバル化と言われてますが、

ますます英語の必要性が高まっています。

背景としては日本も人口減にともなって、企業は世界と商売しないとやっていけないからですね。

 

なので日本に帰ってから英語を使った仕事をしたいと考えている人も多いと思います。

そのために一番手っ取り早い方法はオーストラリアで英語をつかった仕事をすることです。

 

オーストラリアは多国籍国家なので(もはや外国人がオーストラリア経済を支えてきたといっても過言ではない)、

英語をつかった仕事を獲得しやすいです。

 

僕自身、オーストラリアで本格的で、お客さんが99%ネイティブなジャパレスのウェイター日本食卸の営業をしていたため、

毎日実践的な英語をつかうことができました。

 

英語のスキル次第ではありますが、語学学校を卒業してから実践的な仕事を見つけやすいのはオーストラリアと断言できます。

オーストラリアは3カ月以上の留学でも仕事ができるので、生活費を稼ぎながら英語を学べる最高の留学環境といえます。

 

人生プランが立てやすい

オーストラリアは日本人が多いです。

シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズ、ゴールドコーストこれら人気都市すべて日本人だらけです。(笑)

 

ただこれはこれから人生プランを立てるのにメリットにもなります。

それぞれ日本人がいろいろな理由でオーストラリアにきています。

学生はもちろん、社会人を退職してきた方などなど!

これまで会社で出会うことがなかった人と話すことができます。

 

外国人と触れ合うことは当然ですが、日本人と交流することでキャリアプランのイメージをしやすくなります。

どんな想いでオーストラリアに来たのか?参考になる話がたくさん転がっています。

僕自身、現地でいろいろな人に会いました。結婚をする前に留学にきた人、社会人で疲れ切って第2の人生を踏み出した人。いろいろな挑戦をしてきた人が集まった国なので、いい刺激を受けること間違いありません!

 

 

 

社会人におすすめの年間プラン

社会人におすすめのプランは

語学 + 仕事 + 旅行

をうまく組み合わせた一年の過ごし方です。

 

これまでたくさん日本で働いてきたので、しっかり旅行もいきましょう!

まずは語学習得が先です。まったく英語が話せない初心者はオーストラリアに行く前にフィリピン留学を絶対おすすめします。

英語のレベル別で社会人におすすめの留学プランを紹介している記事はコチラです。

 

すでに中級レベル(だいたい聞き取れる・意思疎通ができる)はオーストラリアの語学学校にいきましょう。

 

中級レベルの場合

  • 語学学校(2~4カ月)→仕事(6~8カ月)→旅行(1~2カ月)

 

英語がすでに上級者であれば語学学校は1カ月以内にして友達をつくる目的で通いましょう!

最低限の英語力と外国人の友達をつくってから、ガンガン仕事して、最後にオーストラリア1周しましょう!

オーストラリアのハミルトン島は圧倒的おすすめです。

フリーランスの聖地!!にしたいオーストラリア『ハミルトン島』の魅力を語る

2018.01.09

 

 

さいごに

いかがでしょうか?

オーストラリアは多国籍国家のため、外国人が働くということにとても国民が慣れています

僕自身、英語での営業が慣れるまでは、相手がゆっくり話してくれたり、わかりやすいように説明してくれたりと寛大な対応をしてくれたのを覚えています。

 

時には厳しいことも英語で言われることもありましたが、英語を上達させるためには仕事で実践としてつかうことが大事です。

こうした意味でも社会人が留学に選ぶ国としてオーストラリアは最高の国といえるでしょう。

 

20代の社会人にとって会社をやめて留学に行くのは今がベストタイミングです!

ぜひ後悔のない人生を!

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です