社会人留学の費用を徹底解析!あなたはいくらで留学しますか?【全費用公開】








留学を知り尽くした男。ふじもん@japasta29です。

社会人が留学を考えたときにまず調べるのは、費用ですよね?

僕自身、社会人5年目で退職をしてフィリピン留学行きました。

そしてオーストラリアへワーキングホリデーという二カ国留学をしたわけですが・・・

 

もっと賢い留学すればよかったなーとめちゃくちゃ後悔しています。

特に費用はもっと節約できたし、ぶっちゃけお金をかけるところをだいぶ間違えました。

 

失敗談として聞いてほしいんですが、

僕は1ヶ月のフィリピン留学に45万円をかけ、

 

オーストラリアでは学校に4ヶ月通い55万円以上かけました。

 

語学学校に100万円を支払った男です。笑

 

それでもオーストラリアでかなり働いたので、貯金して帰ってきましたが、今となっては自分の留学プランは人に絶対すすめません。

今回はこれから留学を考えているあなたの費用についての疑問をすべて解決します!




社会人留学の主な分類

社会人留学には主に語学学校に通うことを目的とした

  • 短期留学
  • 長期留学

 

働きながら語学が学べる

  • ワーキングホリデー
  • インターンシップ

に分類されます。

それでは1つずつ見ていきましょう!

 

 

社会人が転職の合間にいく短期留学1ヶ月の費用

今の会社をやめて、新しい会社に行く前に空いた期間で留学するパターンです。

現職→退職→有給消化→短期留学→転職先スタート

有給消化中でお金をもらいながら留学しているという最高のシチュエーションですね。

フィリピンの場合(1ヶ月) 15〜25万円

オーストラリアやカナダの場合 30〜40万円

これは全費用(航空券・ビザ・語学学校・滞在費・食費・保険・レジャー・雑費等)です。

 

やはり、欧米よりアジア圏の英語留学はコストを抑えることができます。

航空券も安いので、とにかく英語を学びたいひとにオススメです。

 

社会人になると、長期休みが取りづらいのでオーストラリアやカナダに行く方もいますので、目的に応じた短期留学をしましょう!

 

 

会社をやめて長期留学6ヶ月の費用

フィリピンの場合 75〜90万円

オーストラリアやカナダの場合 85〜100万円

これは全費用(航空券・語学学校・滞在費・食費・保険・レジャー・雑費等)です。

あくまでこの金額は滞在中にずっと学校に通った場合になります。

 

本格的にお金をかけて英語を学びたい方は学校に通って、強制英語環境をつくりましょう。

しかし、お金もかなりかかるので、次に説明するワーキングホリデーやインターンシップと組み合わせることをおすすめします。

 

 

社会人留学代表のワーキングホリデー1年間の費用

英語圏のワーキングホリデー(以下 ワーホリ)の行き先といえば、オーストラリアかニュージーランド、カナダです。

 

僕自身、オーストラリアに1年間ワーホリした経験がありますが、

出発前に70万円

(語学学校4カ月、ホームステイ1カ月、航空券片道、保険、その他経費)

現地で130万円

(生活費・旅行)

の費用がかかりました。

 

これはもっと戦略的に組めば、余裕で安くいけます。

一般的には、このくらいになります。

出発前に30万円

現地で130万円

 

ワーホリのいいところは現地で働けるので、生活費を稼いで貯金することができます。

僕は当時世界一家賃が高い街シドニーで暮らしていましたが、毎月の生活費は高くて1500ドルでした。

なので月3000ドルくらい収入があれば、10万円以上は毎月貯金できる計算です。

現在、社会人で貯金が100万円くらいであれば、充実した留学プランを組めるので、帰国時にしっかりと貯金して帰ってくることができますよ。

 

 

新しい社会人留学!海外インターンシップ3ヶ月の費用

マレーシアインターンシップ3ヶ月

出発前に20万円

(航空券・ビザ・インターン手配料など)

現地で30万円

(生活費)

 

社会人5、6年目で会社をやめて留学に行くと、帰国時の不安がより大きい傾向にあります。

なぜなら帰国するとき年齢が30歳近くなっているからです。

 

帰国時30歳になるので、現地でできるだけしっかりとした仕事に就きたい!

そう考える人にはインターンシップがおすすめです。

 

インターンシップといってもいろいろな国で可能ですが、

より実践的な英語をつかった仕事ができて、

コストも抑えられるのは

マレーシアです!!

関連記事:今おすすめのキャリアアップ留学とは?【マレーシアインターンシップ】

 

社会人留学の費用まとめ

1ヶ月の短期留学

15万円〜

 

6ヶ月の長期留学

75万円〜

 

1年間ワーキングホリデー

160万円〜

(ただし、働くことで収入を確保できる)

 

3ヶ月インターンシップ

50万円〜

(有給インターンを獲得できれば収入あり)

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

社会人はこれまで働いた分の貯金とスキルがあるため、幅広い留学の選択肢があります

また、期間や行き先、学校に通うか否かによって大幅に費用は削減できますので、

ぜひ本気で留学を考えている方はお気軽にご相談ください。(無料)

 

世界へ飛び出して新しい自分をアップデートさせましょう。

 

関連記事:【2019年】社会人におすすめの留学プラン3選!目的・費用でカスタマイズする留学

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です