【社会人留学】国選びの方法をリアル経験者が解説します!【おすすめ4選】








悩める社会人
会社をやめて留学しよう!
そう決意したもののどこの国に行けばいいのだろうか?

英語が中学生レベルだけど、欧米とか行って平気なのかな・・・最近フィリピン留学がいいと聞いたことがあるし・・・

あー、今の自分に最適な国がどこなのか知りたい。(留学エージェントは指定の国をゴリ押ししてくるし・・・)

経験者の本音が聞きたい!

このような留学の国選びのお悩みを解決します!

☑本記事は社会人で留学を検討している人向けです。

会社をやめてフィリピン、オーストラリアに留学したふじもん@japasta29です。

現在は英語圏ほぼすべての国の情報を仕入れることで最新の留学スタイルを提供できます。

今回は社会人留学におすすめの4つの国をご紹介します。

ふじもん
これまで数百人の留学相談にのってきましたが、ほとんどが社会人です。

僕自身、5年働いた会社をやめて留学したので、実体験をもとにお話できます。

5秒で分かる社会人におすすめの国

①フィリピン(セブ)
②マレーシア
③オーストラリア
④カナダ




社会人留学の国選びの方法とは?

留学は目的費用、そして今の英語スキルからプランニングすることが重要です。

国選びの手順

  1. 留学の目的をふんわり決める
  2. 予算をざっくり決める
  3. 今の英語力を正確に把握する

目的は人それぞれ違います。
たとえば帰国してから外資企業に勤めたい。旅行で困らない英語力を身に付けたい。ただゆっくり海外で過ごしたい。とにかく遊びたい。そのまま海外に住みたいなどなど!

このようにあなたの目的を達成するために、毎日何をすべきかを逆算して、目的を達成しやすい国を選びます。

ぶっちゃけ短期間で英語力だけを上げたい!という方は留学しないで信頼と実績のあるライザップやった方が時間短縮できるのでいいです。

 

「いや、何がなんでも留学したいんだ!」という方はコチラの国がオススメです。

  1. フィリピン(セブ)
  2. マレーシア
  3. オーストラリア
  4. カナダ

すべて現地へ行ったので、本当におすすめできる国です。
マレーシア以外はかなり留学としてメジャーな国ですね。

では詳しくみていきましょうー!

 

①フィリピン

まずはじめに「今の英語力はどのくらいですか?」
このように質問されて「中学生レベルです。」と答えた人は全員フィリピンへ行きましょう。

フィリピンは先生と1対1のマンツーマンレッスンが主流のため、短期で英語力が劇的に伸びます。
短期とは3カ月くらいで、たとえば中学生レベルで留学した人がフィリピンに3カ月滞在すると、外国人と会話するのに物怖じせず、会話が弾むくらいおしゃべりできるようになります。

すでに行きたい国があっても、今の英語力が中学生レベルであれば問答無用でフィリピンに行くことをオススメします。
まずは英語力を底上げしてから目的の地へ旅立ちましょう!

ふじもん
英語がビギナーレベルなのにいきなり欧米の授業を受けてもなかなか伸びません。

授業料も高いので、まずはフィリピンで英語のシャワーを浴びてスキルを爆上げしましょう。

こんな人にオススメです!

  • 旅行で困らない英語力を付けたい
  • 短期間で英語力をアップさせたい

 

関連記事:【社会人フィリピン留学】僕がセブ島をオススメする理由と学校の選び方をご紹介
関連記事:社会人は短期留学がおすすめ!1週間だけでも留学するべき理由とは?【フィリピン・セブ】
関連記事:社会人のフィリピン短期留学は果たして英語力がつくのか?【1カ月】
関連記事:【アラサー女子のフィリピン留学体験記】留学を決めた理由とセブ留学の実態とは?
関連記事:【社会人留学】入社5年で退職してフィリピン・オーストラリアへ語学留学!帰国後日本で起業した話

②マレーシア

まだ留学でマレーシアは馴染みがないかもしれませんが、マレーシアは英語環境として最高な国です。

理由としてはマレーシアは多民族・多宗教国家なので、多くの民族で構成されており、
それぞれ独自の言語はありますが、共通語は英語のため買い物や仕事は英語を使うからです。

マレーシアは日本企業が多く進出しているため、現地で日本人のインターンシップ受け入れ体制が整っており、実務経験を積むのに最適な国です。

なかなか海外にいって英語をつかった仕事に就けないという悩みが多い中で、マレーシアはインターンシップを利用することで仕事を獲得することができます。

留学して外資企業で働きたい方には、マレーシアでキャリアアップを意識した留学をおすすめします。

ふじもん
マレーシアは物価も安いので、生活費を抑えながら働いてスキルを上げるには最適な国です。

マレーシア留学は社会人にとって主流の選択肢になると予想しています。

こんな人にオススメです!

  • 帰国後に外資で働きたい人
  • そのまま海外で働きたい人

 

関連記事:社会人留学で超おすすめの「マレーシアインターンシップ」とは?【転職に有利】
関連記事:マレーシアインターンシップはコスパ最強留学!海外で経験を積みたい人必見です【おすすめ留学】

③オーストラリア

個人的には一番好きな国です。僕はオーストラリアは3往復しました。

オーストラリアの魅力はなんといってもビザ取得のスピードがはやいことです!
ワーホリ行くと決意したら早くて1週間後とかでいけますよ。

また温暖な都市が多く、海が好きな方にはたまらない海外生活が送れます。

ワーホリビザは1年間の滞在が認められますが、もっと滞在したい場合はファーム(農場)で規定の期間働くとさらに1年滞在することができます。(セカンドビザ)

最低でも2年間は海外に行きたい人はオーストラリアに行きましょう。

ふじもん
暖かいイメージがありますが、南の方は全然冬寒いので気を付けてください。

あとシドニーは世界一家賃が高いと言われるくらい物価が上がっています。

英語をつかった仕事を獲得するのは少し難易度高いですが、もちろんスキルに応じてなのでストイックになれる人はおすすめです。

流されやすい人は、遊んで留学期間が終わってしまうリスクもあります。

そのくらい最高に楽しい国です。

こんな人にオススメです!

  • ただゆっくり海外で過ごしたい
  • とにかく遊びたい
  • 多国籍な文化に触れたい

 

関連記事:【社会人留学】人気No.1のオーストラリアワーホリの3つの魅力とおすすめプラン紹介
関連記事:【社会人留学】入社5年で退職してフィリピン・オーストラリアへ語学留学!帰国後日本で起業した話
関連記事:留学エージェントもびっくり!驚愕のオーストラリア英語
関連記事:【オーストラリア】ワーホリ留学の仕事さがし術[7選]

④カナダ

カナダはとても人気の留学先ですよね。
人気の理由はこんな感じです。

  • 社会人としてワーキングホリデービザが比較的取りやすい
  • 世界でトップクラスの住みやすさ
  • 発音がキレイ
  • アメリカにバスで行ける
  • 日本食レストランが多い

ふじもん
僕はトロントに行きましたが、とても寒い(氷点下)です。

有名なナイアガラ滝は少し凍ってました!

カナダも仕事はたくさんありますが、仕事で英語をつかった実務を獲得するのはかなりの激戦区といった印象ですね。

こんな人にオススメです!

  • キレイな発音で学びたい
  • アメリカに行きたいけど費用を抑えたい
  • 多国籍な文化に触れたい

 

関連記事:社会人留学でカナダを選ぶ理由とは?メリットとデメリットを辛口評価【ワーホリ】




社会人留学は4カ国から選ぼう:まとめ

留学プランは目的費用、そして今の英語スキルから組み立てます。

それによってどこに行くか決めましょう!

  1. フィリピン(セブ)
  2. マレーシア
  3. オーストラリア
  4. カナダ

しかし、目的がいまいち明確にできない!!という方もいると思います。

それはそれでオッケーです!社会人で毎日忙しく働いているとなかなか自分と向き合う時間はつくれませんよね。

そんなときは仕事をやめてまず留学に行ってしまおう!(結局行かないとあとで後悔するからまず行ってから考えよう)
海外に行くとすべてリセットされるので、自分と向き合うことができますよ。

何を目的にしたらいいか分からない人は・・ふじもんまで連絡ください。

ふじもん
50分ほどオンライン面談を通して、将来の選択肢を一緒に考えます!(無料)

DMでもオッケーです。@japasta29

 

↑↑留学・人生相談↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者。【仙台をフリーランス特区へ】人生の選択肢を増やすために、まずは働き方をアップデートします。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です