社会人留学で超おすすめの「マレーシアインターンシップ」とは?【転職に有利】








留学マニアのふじもん@japasta29です。

社会人にとって留学は大きな決断ですよね?

・たった1年で英語は身に付くのか
・海外で英語を使った仕事に就けるのか
・帰国後の就職が心配

会社をやめて一度収入がゼロになるので、心配ですよね。

今回はこれから社会人留学の主流になる新しい留学のカタチをご紹介します。

ふじもん
社会人はワーホリに行く人が多いけど、ちゃんとした仕事に就ける人って少ないですよね。

英語を使った実務ができる仕事を確実に獲得できる方法について話していきますね。




社会人留学「マレーシアインターンシップ」とは?

マレーシアインターンシップとは、マレーシア拠点の会社で働きながら実務経験を通して英語を身に付ける新しいカタチの留学です。

インターンシップ先は数十社以上あり、帰国後のキャリアを想定して選ぶことができます。

本記事では、僕が一番おすすめしているとっておきのインターンシップをご紹介します。

 

社会人留学マレーシア週刊情報誌のインターンシップ

マレーシア最大級の週刊情報誌の取材・編集・製作の業務ができるインターンシップをご紹介します。

インターンシップ先は週刊M-town(エム・タウン)という生活情報雑誌です。

週刊なのでとてもスピード感があり「マレーシア生活をもっと楽しく豊かにする生活情報誌」をテーマにマレーシア在住邦人もしくは日本からの短期滞在者に向けて発行されています。

具体的には観光案内やお出かけ情報から現地生活に役立つ情報まで幅広く発信しています。

 

マレーシアインターンシップの仕事の内容は?

かなり英語力がつくこと間違いないインターンシップです。
これぞ超実践的英語学習ですよ!

①現地のエンターテイメント・ビジネス情報

マレーシアの経済・社会事情やエンターテイメントについての取材・記事作成を行うことができます。
企業へ電話でアポから取材、コンテンツ制作&出版までの一連の流れをこなします。

②グルメ情報

お店自慢の一品をご紹介するこのコーナーがあり、実際自分で足を運び、経験することから始まります。
最近人気のお店や昔ながらのお店までジャンル別に様々なお店を紹介します。

③ライフスタイル情報

イベントやセールのお知らせ、新発売の商品など、生活に密着した耳よりの情報をお届けします。
現地の企業・お店と深く繋がることで、より良い情報をいち早く発信していきます。

 

スキルアップ間違いなし!

そもそもマレーシアは多民族・多宗教国家なので、多くの民族で構成されています。
現地ローカルの取材や一緒に働くメンバーとの交流を通して、日本での生活文化には無い感覚や、考え方に触れることが出来ます。

これからますますグローバル化が進む社会において、マレーシアで他民族を尊重したライフスタイルは今後の日本社会で貴重な人材となるでしょう。

マガジンをつくるために取材交渉の電話アポイントを取る業務があります。
ローカル企業の担当者と電話を英語でこなす仕事はとても大変ですが、電話で仕事ができるようになると日常会話は余裕に感じます。
帰国後に仕事で外国人から電話がきても慌てずに対応できるようになりますよ。

マガジンの編集・翻訳の業務は単純に訳すだけでなく、あらゆる事実関係を収集して行う必要があります。
仕事をしながら調べていくなかで、マレーシアはもちろんアジアについて深く知ることができるため、これから日本企業が東南アジアに進出する際にコンサルタントできるかもしれません。

 

マレーシアインターンに向いている人

  • 自分の目標に向かってドン欲に頑張りきれる人。
  • 楽しんで働きたい人。
  • 将来メディア運営をしたい人
  • 自ら行動して、最後までやり遂げれる人
  • 初めての海外の方

 

募集要項

インターンシップ国:マレーシア
インターンシップ都市:クアラルンプール(モントキアラ)
インターンシップ期間:1ヶ月以上 長期間でのインターンシップ歓迎! (長期の場合、各種手当あり)
就労時間・休み:1日3時間~、週1日~OK

【参考】

  • 毎週金曜日12:00~18:00のみの方
  • 週2回、1日6時間の方
  • フルタイム勤務の方など

【報酬・手当】

仕事内容により異なります。

【必要なスキル・資格】

  • 日常会話以上の語学力がある方(TOEIC650以上が好ましい)
  • 誰とでもコミュニケーションが取れる方
  • Illustrator / PhotoShop / Excell / Word等

【現地費用】

  • 住宅費 1ヶ月あたりの住宅費(家賃・水道光熱費・ネット費の合算):約12,000円
  • 生活費:食費、交通費等を合わせて月に3~4万円程度です。

【手当・待遇】

  • 交通費支給
  • パソコン支給(Mac)




さいごに

いかがでしょうか?
社会人が留学するならスキルを活かしたマレーシアインターンシップをオススメします。

  • たった1年で英語は身に付くのか
  • 海外で英語を使った仕事に就けるのか
  • 帰国後の就職が心配

このような心配は留学中にどれだけスキルアップできるかで決まります。

会社をやめて留学するわけなので、戦略的にスキルアップできるプランで留学しましょう!

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です