【社会人フィリピン留学】僕がセブ島をオススメする理由と学校の選び方をご紹介








☑社会人で留学を検討している人向け

  • フィリピン留学は社会人に適しているのか?
  • どうやって学校を選べばいいのか?

 

時間のない社会人のために結論からいいますと、

  • 時間のない社会人にとって留学しやすい(片道4時間半)
  • マンツーマンレッスンで最適な英語環境
  • 欧米に比べて費用が安い
  • セブ島はリゾート。リフレッシュもできる。
  • マクタン島ではなく、セブ島の学校から
  • 費用・カリキュラムで絞る

です!

 

なので社会人で留学を検討している方は、

 

フィリピン・セブ留学へ行きましょう!

 

ここからはフィリピン留学経験者のふじもんが詳しく分かりやすく解説します。




そもそもフィリピン留学とは?

昔は留学といえば、アメリカ・カナダ・オーストラリアが主流でしたが、最近ではフィリピンが人気です。

簡単にフィリピン留学の特徴を3つ紹介します。

 

マンツーマンレッスンが充実

フィリピン留学が人気の理由は、なんといってもマンツーマンレッスン(1対1)で先生と向かい合って授業できることです。

英語初心者でよくあるのは、

  • 他の生徒に自分の英語を聞かれたくない
  • 発音をばかにされるのがこわい
  • 分からなくても質問できない

と多くの人がまわりを気にして積極的になれません。

英語を話すのに一番大事なのは、声に出すことです。なので恥ずかしがって英語を話す機会が減るのはもったいないのです。

しかし、フィリピン留学ですと基本的に授業が1対1なので、積極的にまわりを気にせず英語を話すことができます。

 

フィリピンは世界1位の英語力

フィリピンはアメリカ、インドに次いで世界で3番目に英語を話す国となります。

しかし、ビジネス英語力はアメリカを抜いて1位となりました。(どうしたアメリカw)

理由としてはフィリピンには母国語はありますが、第2言語として学校の授業が英語を採用しています。そのためフィリピンの講師はみなビジネス英語スキルを国の教育制度の中で身に付けています。

また発音もアメリカ英語に影響を受けているため、なじみやすくキレイな英語です。僕の経験上だと、18歳~28歳くらいの先生は特に発音がきれいな印象です。

年配の先生だと、もちろん人によりますが、かなり現地の言葉の訛りがありますので、どんな先生にあたるかは多少運次第になります。(スタッフと交渉して変更できる学校もあります)

 

ネイティブでない強みあり

フィリピンは母国語が英語ではないため、第2言語として英語を習得しています。

そのため、日本人の気持ちをとても理解しています。英語が話せなくて、大変な気持ちもフィリピン人は理解してくれます。

これがネイティブの先生になると、昔から当たり前のように英語を話すため根本的な理解に苦しむことがあります。

 

 

社会人にフィリピン・セブ島をおすすめする理由

フィリピン・セブは時間のない社会人にとって留学しやすいです。

 

移動時間が比較的短い

日本からフィリピン(セブ)までのフライトは直行便で4時間半です。総移動時間でも都内から現地の学校までトータル最短で6時間半くらいで到着します。

会社に勤めながら、留学へ社会人にとっては、移動時間短縮はとても魅力的です。というより移動で10時間以上かけるのはもったいないです。疲れますし。

中には会社をやめて長期でフィリピン留学を考えている人もいるかもしれませんが、一度1週間試しに行ってみるのは大きな決断をする前に参考になりますよ。

関連記事:社会人は短期留学がおすすめ!1週間だけでも留学するべき理由とは?【フィリピン・セブ】

 

社会人にとって時差がないのは吉

社会人は仕事を1週間休みとること自体難しいです。仮に休みをとっても仕事の連絡がきますよね。

僕自身、営業勤務なので海外旅行中もLINEで業務連絡したり、同僚や上司に迷惑をかけないレベルで返信していました。そのときにフィリピンと日本は時差が1時間しかないので、好都合です。

時差はフィリピンが1時間だけ遅れています。もちろん留学中は英語学習に力を注ぎたいですが、社会人として仕事を対応しなければいけない状況になった場合、フィリピンは対応しやすいです。

いいのか悪いのかわかりませんが。(笑)

 

セブ島は留学の前にリゾート地

セブといえば、留学よりリゾートとして有名ですよね。

社会人は毎日仕事で疲れていると思うので、ぜひ週末はリゾートで満喫してください。

空港近くはリゾート地なので、物価は高めです。そのため、学校はセブ島に通い、週末は空港のあるマクタン島にいきましょう。




社会人フィリピン留学の学校の選び方

学校選びはまず空港のあるマクタン島ではなく、セブ島から選びましょう。マクタン空港からタクシーで30分くらいで学校に着きます。

なぜセブ島から選ぶべきかというと、学校の数が豊富で、現地の生活者が多いからです。その結果、マクタン島よりセブ島の方が物価が安い傾向にあります。

 

セブ島の特徴として高層ビルの屋上で飲んで食べたりしても、割り勘すると一人800円くらいになったりとびっくりするくらい安く済みます。

 

 

本題の学校の選び方ですが、あなたが何を基準にするかで決めましょう!

  • 費用を抑えたいのか?
  • マンツーマンレッスンを徹底したいのか?
  • 他の生徒と交流したいのか?

 

選ぶポイントはコチラです。

  • 多国籍な生徒がいるか
  • カリキュラムの充実度
  • 費用
  • 一人部屋の有無

こちらが社会人が留学するときに考慮する点です。

 

僕自身、フィリピン留学中に出会った日本人とは今でも連絡を取り合っています。

欧米留学では多国籍な友達をつくることは醍醐味かもしれませんが、社会人がフィリピン短期留学に行く場合は、日本人でつながることをおすすめします。

会社にはいない価値観をもった人たちと交流できることは、社会人として視野が広がるきっかけになります。そこがフィリピン留学の一つの楽しさでもあります。

 

 

さいごに

フィリピンには現在韓国資本と日本資本など数百の学校が存在します。

一から選ぶと大変なので、留学エージェントと面談をしてあなたにとって最適な学校を複数提案してもらいましょう。

もちろん僕の方でも留学前・留学中・留学後までトータルサポートをしています。

また社会人留学の選択肢はたくさんありますので、ぜひこちらもお読みください。

関連記事:【2019年】社会人におすすめの留学プラン3選!目的・費用でカスタマイズする留学

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です