東京初出店!コワーキングスペース先駆者が語る「仕事ゼロ理論」とは?








仙台に新築コワーキングスペースを立ち上げるふじもん@japasta29です。

最近テレビでよくシェアオフィスコワーキングスペースを見かけるようになりましたね。

それもそのはず、都心5区のコワーキング・スペースは前年比で倍増しています。

レポートによると、東京オフィス市場で、コワーキング・スペースは2017年以降急激に拡大しているとされる。延べ床面積は、千代田区、港区、渋谷区、中央区、新宿の5区で、2017年末時点で1万6902m2(平方メートル)に対し、2018年6月末時点で3万2624m2と約2倍に増加。2018年には累計で約6万2608m2にまで拡大する見通し。

出典:BUILT

マツコ会議ではアメリカ発のコワーキングスペース「WeWork」が取り上げられ、豪華な設備と利用者同士のつながりが話題になりました。

今回はそのコワーキング激戦区の東京に一番最初にコワーキングスペースを立ち上げた佐谷さんにお話を伺ってきました。

コワーキングスペースについて本を出版されている方なので、とても勉強になりました!!!

佐谷恭さんとは?

2010年東京に初めてコワーキングスペースを立ち上げた経営者。
また世界初のパクチー料理専門店であるパクチーハウスを開業。
何かと初が多いパイオニア的な存在です。

下北沢のコワーキングスペースで合流し、ランチへ行ってきました!

本記事はコラムです。




仕事なくしたいよね

佐谷さんの第一印象はとても陽気ですが、めちゃくちゃ頭が良い方だなと思いました。89が素数の中でどうとかこうとかお話されていましたが、すみません。ついていけず・・・

一番印象に残っているのは、「仕事なくしたいよね?」という言葉です。

昔大手企業に勤めている時に会議の資料づくりを任されていたけど、「つくった資料全然使われないじゃん」と疑問だらけだったそうです。そもそも資料をつくる理由は、会議中にもしかしたら使うかもしれないデータを準備しておくためだったみたいですが、疑問を感じた佐谷さんは「プレゼン僕がしていいですか?」と不要な資料をつくらないために、必要な資料だけつくってプレゼンをされていたそうです。

その後、大手企業を転々とするも無駄な時間を過ごしたくないとし、独立されています。(だいぶ割愛)

多くの仕事はなくせると思っていて、仕事の向き合い方を変えればなくすことができる。なので多くの人が無駄に時間を費やしていることが多いとのことでした。

「だから未来にワクワクしている。だってAIが人間の代わりに仕事してくれるんでしょ?」と笑顔で話してくれました。

ほとんどの仕事はなくせる。なくすように工夫することが大事。そしていつかAIが仕事を全部奪ってくれることを願っている。

まさにワクワクする仕事ゼロ理論でした。

 

なぜコワーキングスペースをつくったのか?

佐谷さんは2010年世田谷区経堂にPAXというコワーキングスペースを立ち上げられています。

そもそもコワーキングをさまざまな業種の人が仕事場を共有することで知恵と情報を共有して、高め合っていこうという発想のワークスタイルと佐谷さんは定義されています。

このワークスタイルは2006年アメリカで始まり、「新しい働き方」と表現され世界的なムーブメントになったとのことでした。

ふじもん

新しい働き方って最近よく聞くようになりましたが、10年以上前から注目を浴びていたんですね。

その後、2010年に世界中のコワーキングスペースの運営者たちがメールリストを作成し、横の繋がりで「コワーキングで起きた出来事」や「オープン情報」などをシェアするようになったそうです。

そこで佐谷さんもコワーキングスペースの横の繋がりのムーブメントを目の当たりにして、「コワーキングによるコミュニティの構築」に期待を込め立ち上げたそうです。

メールリストに投稿すると、「東京行ったときは寄ってくよ」「グッドラック!」などコメントをもらい心が躍ったと話してくれました。

 

もうPAXは東京に存在しない?

佐谷さんが立ち上げたコワーキングスペース「PAX」は東京にもうありませんでした。理由は佐谷さんらしいユニークな内容でしたが、福井県に「PAX」の名を引き継いだコワーキングスペースがあるのでぜひ今度立ち寄ってみたいと思います。




さいごに

今回は佐谷さんに会いに東京へ行きましたが、待ち合わせは下北沢OpenSpaceCafeという東京で2番目に立ち上がったコワーキングスペースでした。

ここのオーナーともお繋ぎいただき、本当にコミュニティを自然につくる方だなーと思いました。

佐谷さんにお会いしてコワーキングスペースに必要なのは「場所」ではなく、「人」であるとコワーキングの神髄を学ぶことができました。

ふじもん
仕事なくすと言いつつ、アメリカロサンゼルスのフリーペーパーをつくったり、日本の観光パンフレットも手掛けるなど仕事めちゃくちゃされてましたね。

現在本も執筆中とのことでした!

お知らせ

僕自身、仙台にコワーキングスペース「アローズ」を立ち上げますが、ここはフリーランスの拠点になるように設計しています。

関連記事:仙台コミュニティベース「アローズ」約束のいらない待ち合わせ場所とは?

 

2019年3月にオープン予定の新築コワーキングスペースになりますので、

  • 今の環境をかえたい
  • 新しいことを始めたい
  • フリーランスに興味がある

という方はぜひご利用ください。

会えることを楽しみにしています!

ふじもん

佐谷さんもきっと来てくれるでしょう!

 

↑↑留学・副業・フリーランス↑↑

 

The following two tabs change content below.

ふじもん

仙台コワーキングスペース『アローズ』創設者【仙台30万人フリーランス計画】を掲げ、仙台の企業とフリーランスが協働する圧倒的に主体的な街をつくるため奮闘中。



そんな選択肢があったのか!を提供します。

☑留学に興味がある
☑転職したい
☑フリーランスの働き方を知りたい

お気軽にご相談ください。

JAPANESE STANDARD
代表 アキバジュン(ふじもん)





※3日以内に返信させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です